北海道旅行編 1日目 出発から旭川市まで

さて、8月13日の7時10分発の新千歳空港行きを取ったものの、始発の電車に乗っても羽田空港につくのは1時間前ということに気づいたのは出発前日のこと。通常なら大して問題がないのですが、なにせお盆のハイシーズン。空港は混みに混んで、手荷物預かり所は大渋滞。そして最近は人ナシ機械だけで荷物が預けれることにちょっとびっくり。日本も進化しているんですね、感動しました。ただ私が持ってきていた荷物はドローンやジンバルなど、壊れやすい機械があったので人の手で受付してくれるカウンターへ並びました。

案の定、機械のカウンターより人のカウンターが時間がかかり、出発30分前でようやく預けれました。そして急いで保安検査場へ。しかしこちらは団体客がトラブルを起こしており、それに巻き込まれて出発10分前でようやく通過……。急いでカウンターをとおり自分の座席へ……。汗だくになりつつも無事、羽田空港を出発することができました。なので、このあたりの写真が一切ないのは時間的に余裕がなく撮影できませんでした……。すまぬすまぬ……。

そして定刻通りに新千歳空港に到着。羽田空港とは比べ物にならないくらい小さく、これでいいんだよ感がありました。羽田空港は大きすぎていちいち遠いんですよね。さてさてスケジュールはタイトなのでテキパキ荷物を受け取ってレンタカーを受け取りに行きます。先の記事でも述べた通り、今回はタイムズレンタカーです。空港のレンタカーを利用したのは初めてだったのですが、新千歳空港は受付のカウンターで簡単な受付をした後、タイムズが用意するバスで別途レンタカーの営業所へ連れて行かれます。ただ、その店舗の規模が半端ないでかさ。これが北海道のスケールのでかさなのか、とこれから始まる6日間にワクワクが止まりません。

カーシェアで利用していることもあり、説明は免除。友人もドライバーとして登録して手続きは最短で済みました。そして今回お世話になるアクセラスポーツ。6日間頼むな!

乗ったときには走行距離は11000km台だったかと思います。細かい数字は忘れました。社内は綺麗で、外装も大きな傷はなく綺麗。機能も十分。流石。ただ、カーナビはマツダコネクト。あまり評判が良くないので、iPadを使用してYahoo!カーナビで道案内を使いました。目指す目的地は旭川。ETCカードをセットして早速出発!

12時前に旭川市内に到着し、昼食を済ませました。昼食には旭川市で人気の醤油ラーメン、旭川らうめん青葉本店へ。ベーシックな醤油ラーメンを注文しました。おいしかったです。

そこから運転を代わり、美瑛の丘へ。旭川まで来たらとりあえず行っておかないとね。車を駐車しいろいろ探索。まず訪れたのは北西の丘展望公園。駐車台数も多く、簡易的な展望台もあるので一望できます。

北海道 美瑛の丘 Hokkaido Biei

右側が駐車場で三角なのが展望台です。これもまたオシャレ。

北海道 美瑛の丘 Hokkaido Biei

展望台から見た景色は北海道の雄大さを感じることができる、一面の草原。そしてはるか遠くに見える山。

北海道 美瑛の丘 Hokkaido Biei

 

普通の田舎とはなにか違う、はるか先が見えます。

北海道 美瑛の丘 Hokkaido Biei

気持ちいいくらい綺麗でした。そしてこの北西の丘展望公園ではソフトクリームが販売されていたので食べました。濃厚で美味しい。そして300円くらいと安い。そしてそこから旭山動物園へ。この間も友人が運転してくれました。その間に私は軽く睡眠を取って休憩……。

気がつくと旭山動物園に到着。15時くらいに入園しました。お盆ということもあり、子連れのファミリー、カップルが多かったです。ですが流石北海道?人がそれほど多くないように感じてしまうくらい快適。動物を見るのに並ぶこともなくすぐ見れて、快適でした。ここからは動物ショーをお楽しみください。

旭山動物園 Asahiyama Zoo

獲物を狩る目寝てないよジト目2旭山動物園 Asahiyama Zooペンギンポスト

ペンギンポストがめっちゃかわいい。動物も他の動物園と違い、近い距離、柵も少なく見やすいです。そしてなにより自然の姿で見れるが良い。時間があれば寄るべきスポットだと思います。旭山動物園の写真はすべてSEL24105Gで撮影。欲を言えば200mmのレンズほしかったかな……。

そして宿へ移動。一泊3000円くらいで安いところです。晩ごはんを探すために市街地へ車で移動。コインパーキングの安さにびっくり。

今回晩ごはんに選んだのは旭川成吉思汗 ひつじ家。やっぱり北海道にきたらジンギスカンです!

ジンギスカン

ただしい焼き方なのかわかりませんが、とりあえず指示通りに焼いてみました。スーパーで売っているものよりクセが少なくめっちゃ食べやすいです。ビールが飲みたいところですが、運転があるのでノンアルコールで我慢。

そして宿へ戻りお風呂へ入った後やることは一つ。また美瑛の丘へ行き、星を撮ろう!と思い支度したのですが、昼とはうってかわって一面きれいな曇り空。ショックでそのまま寝ました。

2日目はついに念願の知床へ移動。ワクワクが止まらない!

コメントを残す