【レンズ購入】Canon EF 24-105mm F4L IS USM購入しました。

一眼レフを使い始めたころに憧れていたCanonのLレンズシリーズ。それはSONYに移った今でも諦めきれず、遂に購入してしまいました。

経緯

α7Ⅱの標準レンズとしていろいろ選択肢を探していました。

SEL2470Z

最初に考えていたレンズはSEL2470Zでした。SONYがカールツァイスブランドで出しているF4通しレンズです。値段は新品で10万前後、中古なら7万前後で入手可能とフルサイズの標準レンズにしてはお手頃な値段。しかもレンズ横にはZEISSのロゴ。見た目もα7系にマッチしそうな見た目。良いじゃん!ということでヨドバシカメラで試したのですが……コレがCarl Zeiss……?ん?とイマイチな写り。ピントは来てるのですが、モヤッとした感じが否めない、Carl Zeissらしくない写りでした。

SEL24105G

こちらは昨年末にSONYのGレンズの名を受けたレンズです。値段は15万前後で写りが大絶賛。CanonのEF 24-105mm F4L IS USM Ⅱを超えたのでは?と言われるくらい評価が高いレンズです。しかし絞るとピントが合わない問題や発売直後ということ、やや僕にはまだ高価で手が出せないということ。写りは試した所、いいねいいね〜〜ってなるほど満足できるものでした。なのでお金に余裕がある人は是非、こちらの購入をオススメします。ピント問題も現在発売中のモデルは解消されている上、問題のある製品は無償対応となっていますのでご安心を。

SEL2470GM

こちらはCarl Zeissのレンズと同じ焦点距離ですが、F2.8通しであること、G Masterレンズということもあり値段が25万前後と高価であること。流石にフルサイズ初心者には厳しいところ。ここまで来るとフルサイズを買ったことを後悔しそうなくらいレンズに手が出せない……。写りは文句ないです。お高め。

SEL2870

フルサイズ入門向け標準レンズとして発売されているレンズ。値段が新品でも5万以下とお求めやすいのですが、絞りがF3.5-5.6と可変であること、入門向けということもありやはり写りは微妙であること。これに5万かあ……と悩むところ。

 

ということもあり、現状では(金銭面で)厳しいということ。そうなると候補に上がるのは他社レンズ。SIGMAはEマウントの標準レンズは発売しておらず、TAMRONはまだ発売されず……。なら!夢のLレンズを!アダプタ噛まして!使おう!ということでEFレンズを探した所、EF 24-105mm F4L IS USMが新型でた影響で、旧型モデルが5万〜6万で手に入ると聞き、いろいろ漁って見つけました……!

見つけたレンズは中古ながら状態は非常に良く、ケースやフード、箱などが欠品としてなんと税込み53,000円程で購入できました。フードはその後ヨドバシカメラでせっかくなのでと新品を購入。ポイントが余っていたので実質3,000円程度でした。レンズは新品で買えなかったのでせめてフードくらいは……ね。

アダプタはとりあえず絞り操作できれば良いな〜と思っていたのでAmazonで安価な電子接点のあるアダプタを購入しました。SIGMAのMC-11も良いとは聞きますが、とりあえず、お試しがてらということで。良ければのちのちMC-11に乗り換えしようということに。

ということで作例はまたの次回へ……。

購入したレンズはこちら。

コメントを残す